当直室

医師の重要な仕事のひとつとして当直がある。
朝から働いたうえに、夕方から病院で泊まって、
夜中や明け方になにかあるのに備えており、
外来を診たり、処置、手術などの治療をする。
もちろん翌日も朝から通常通り働く。

レジデントのときはこれを月に20日以上する。
丁稚なので上の医師にくっついてなんでも観て、
教えてもらって、覚えるわけだ。
こういうこと自体は、
上の人が誰でも通った道なので別になんとも思わなかった。

しかし、唯一そして最悪の苦難は寝場所の確保だった。

女性の先輩がいないため、わたしの医局には女性の当直室がなかった。
入局のときに、教授のほうから当直室を作っておくから、と誘ったのだが。
男性医師用には何人かが寝られる大部屋があった。
先輩から、院内でなにか過ち(!)があると困るので
絶対にそこでは寝ないようにと厳命された。

寝られるのは、廊下に置いたストレッチャー、
処置に使う診療室の硬いベッド、
運がよければ女医さんの多い麻酔科2人部屋の空いてるベッドに
もぐりこむことができたが、麻酔科の女医さんには嫌がられた。
夜中でも明け方でもポケットベルが頻繁に鳴るからうるさい、といわれた。
現場に行くのはわたしなのに。

ベッドで寝ている同じ科の同級生がうらやましかった。
レジデントの仕事は多いので、
文句をいう連中が多かったが、
それでも、ベッドで寝られるなんて幸せだと思った。
口に出すのは悔しかったので、黙ってた。

その後、2年目になって自分で麻酔科の教授に直談判して
トップダウンでベッドを確保した。
今に来る後輩に同じ思いをして欲しくなかった。
ただでさえ、疲れるんだからちょっとでも楽をしよう。
[PR]
by decoppati | 2004-11-29 20:09 | 女性のハンディ
<< 裏方さん 女性の女性不信.1 >>