自然に、無理せず。

neikoさんがコメントされたように
痛々しいくらい女性扱いを拒絶したり、男言葉や下品な会話をして対等になろうとする先輩、こちらが恥ずかしいくらい女性である事を過剰にアピールしてしまう先輩...

ほんと。
なりたくない、ならないように気をつけたい例は周囲にごまんとある。

男性の同級、後輩を無理に呼び捨てしたり、
看護婦に頭ごなしに命令する女性。
上司を喜ばせるために頼まれもしないのに
下ネタを場所をわきまえず繰り出す女性。
かと思うと、上司や教授やえらいおじさんには
女全開でごろごろのどを鳴らして近づく女性。
膝の上に乗ってる女医さんをみたときには呆気にとられた。
上司や先輩にあだ名で呼びかけ、ため口をきく女性。
特別扱いを受けるのを当然だと感じる女性。

自分が女性だから許される立場でいないかどうか、
いつも気をつけないとわからなくなってしまう。

性差はあるがままでいいと思う。
別に女性が男ぶる必要はないし、(レズの男役ならともかく)
男社会に意に反して理解を示す必要もなし、
また、逆にカマトトぶる必要もない。
一般的に女性のほうが体格が小さく、非力であるのは事実だし、
男性のほうが一般的に情緒に欠けるのも事実。
もちろん一般規格からはずれる人もお互いにいる。

あるがまま、なるがまま、
仕事に関しては性別関係なく
人間同士としておおらかにいきたいものだ。
[PR]
by decoppati | 2004-11-29 20:50 | 女性にもいろいろ
<< 完全なる男社会 裏方さん >>