冬は脳外科の季節!

どこの施設に行ってもいえるのは、
冬は脳外科の手術数が明らかに増えるということ。

なぜか。
思い出すと、子供の頃、
実家の近所のお年寄りがクリスマスから正月にかけて
トイレの中で倒れていたとか、死んでいたとかいう話を良く聞いたものだ。
それが運ばれてくる先が、脳神経外科だったのだ。
寒いと血圧の変動が大きくなることに関係して、
脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血などが発生することが多い。

もひとつは、12月・1月は忘年会、新年会で
泥酔してもとことん飲む人が多く、
そこらじゅうで轢かれたり、転んだり、
階段から落ちたりすることに起因する。
手術を要する頭部外傷が明らかに増えるのである。

ちなみに秋の風物詩は柿の木からの転落である。
柿の木は折れやすく、じいさんたちがそう知りながら
何故か、懲りもせず上っては折れて落ちて頭を打ってやってくる。

ついでに1月の「もちつまり老人」も、毎年懲りずに必ず数人やってくる。
3ヶ日はもちろんのこと、中旬すぎてもやってくる。
ま、患者のほうは毎回違うのだから、懲りようもないわけだが、
どうして小さく切るとか、食べないようにするとか、家庭で注意するとか
できないのかがちょっと不思議である。
[PR]
by decoppati | 2004-12-21 18:31 | 脳外科の仕事
<< 正月.1 異性への評価は辛い >>