長い手術のときの栄養補給

脳神経外科の手術の長さはまちまちではあるが、
頭蓋底の脳腫瘍の手術や、血管に富む腫瘍の手術では、
10時間を越えることもままある。
朝9時前から始まって午後7時に終わればまだいいが、
終わるのが夜半すぎということも時にある。

昼を抜かして働き続けることは、
手術以外でも多いので慣れてしまうが、
昼も夜も抜かして、手先に集中していると
かなり疲労してくるものである。

そういうときに以前よくやっていたのが、
夕方近くに看護婦に糖分のある飲み物を買ってきてもらい、
(或いは医局の秘書さんに届けてもらい)
通常はおしっこの管で使う尿道カテーテル(もちろん新品)の根元を
缶の飲み口に入れて、その先をマスクの中に差し込んでもらうというもの。
手は清潔なので使えず、器用に口を廻して
カテーテルの先をキャッチするわけである。
そこから飲む飲料は格別である。
糖分と水分が体に染み渡って、生き返っていくのを実感する。
現金なことにたったこれだけのことで、またやる気と集中力が回復し、
最後まで手を抜かずに手術を続けられるわけである。
最近は感染コントロールなどの問題で、多分廃止される方向であろうが、
缶一本をあんなにおいしく感謝して飲める機会は、
普通の生活の場ではまずないと思う。
[PR]
by decoppati | 2004-12-26 15:25 | 脳外科の仕事
<< 噂好き 困った人々 >>