「ほっ」と。キャンペーン

結婚生活の悪循環.2

結婚生活の悪循環.1のその後について。

そんなこんなで第一回目の結婚生活が破綻した後、
大抵は次の結婚では穏便に楽しく仲良く暮らしている。

2回目の結婚の相手は、ダントツで看護婦さんが多い。
それと病院内の看護婦さん以外の業種の医療関係者。
(検査技師や栄養士、歯科衛生士など)
最初からうまく行ってるカップルも、看護婦さんと結婚した人に多い。

やはり男性側のライフスタイルをもともと熟知していることが大きい。
また、病院からちょくちょく呼ばれることの意味や
当直業務のなんたるかもよく知っている。
仕事でどんなに疲れているのかも知っている。
仕事の内容、旦那のおかれている立場にあまり幻想がない。

また、非常に大きいのは、
結婚を契機に奥さんは仕事を辞めてしまっていても、
病院に情報源となる友人、知人が多く、
旦那の知らないところで
旦那に関するニュースを苦もなく集めることができる事。
旦那もそれを百も承知なので、簡単に尻尾をだすようなことがない。
奥さんの理解がいいと、旦那も余裕がでて、
たまに帰ったときには奥さん孝行をする気にもなるというものである。
まあ、第一回目の結婚の間も
ずーっと不倫でつきあっていた相手だったりするのもあるけど。
[PR]
by decoppati | 2005-05-29 02:01 | 男性医師の生態
<< 仕事に限らずやはり女性にはいろ... 結婚生活の悪循環.1 >>