学内恋愛の末路

こないだ男の同級生と話していて気が付いたことだが、
学生時代に誰と誰が付き合っていたとかって
あんまりゴシップ好きじゃなくても意外とよく覚えているものだ。
というのはこれが話のメインではなくて、
違う学年の医者の話がでたときに、
それって〇〇と付き合ってた人だ、とか、
△△の前の旦那だとか、っていう認識の仕方をするので気が付いた。
それから脱線して、他人が
その後の彼らの交友相関図を話せるのだからおかしなものだ。

学生のときは危ないほど無防備で、
学内でばんばん恋愛するタイプの女の子たちは、
すごく図太いか、なにも考えていなかいかのどちらかだと思った。
普通の大学ならまだしも、
大学に残る卒業生がとても多い医学部では
同窓生同士の付き合いがほぼ一生続く。
ティーンエイジャーのときからお互いを知っている世界である。
学生のとき、別れ際に修羅場になって
双方から性的なことも含めて中傷暴露合戦なんか繰り広げたら、
周囲の人間はその内容を面白すぎて忘れたくても忘れられない。

また、面白いことにそういう女子のほかの男子同級生との関係は
そのときつきあっている子を介していることが多く、
別れると自然とその男子の周囲の子とも疎遠になる。
学内を荒らしまわってた女には
医者になっても同級生の男子たちから冷たい視線が注がれる。
恥ずかしい話とか、セックスのときの癖とか、
学内であまりに広く知られていて、今更、なんだかかわいそうになる。

とにかく医学部なんて職業訓練校みたいなもんで、
望むと望まざるとに関わらず、
医者になっても学会活動や病院関連、大学組織などで
同窓生と関わる機会が全くなくなることはない。
まあ、10年、20年後に
話のサカナになるようなことは避けるに越したこと無い。

誰にもばれないように秘めやかに行うか、口止めするか、
暴露するなんて口の軽い奴と付き合わないように
若いときから見る目を磨くかすることをお勧めする。
そのときは藁にもすがる思いで相談したことが
ちょっと経てばみんなの笑い話になっちゃうことも
重々承知の上で行動したほうがいい。
これ以上、女を笑いものにさせないようにするために。
[PR]
by decoppati | 2005-08-07 13:21 | 女性にもいろいろ
<< 夏休み 患者さんとのつきあい >>