世代のちがい

キャリアのある女性をみたとき、
団塊の世代と言われる人たちより上の世代の女性たちには頭が下がる。
キャリアのある仕事を持ち、夫を立て、子供を育て、姑に仕え、
家のためにも家事労働をがんばった。
文句があっても呑みこんで、もくもくと働いていた。
仕事に専念できない分、多少男性より評価が下がるが、
仕方がなかった。

その下の世代はちょっと毛色が違う。
仕事で評価される女性には
鼻息荒く、家庭を持たず、子供も産まず、
ただキャリアにのめり込んできた人が多い。
そして、男性のように振る舞う人も多い。
逆に男性におもねって、上司と性的な関係を持つことで
仕事上優遇されたり、身分不相応なチャンスをもらってきた人もいる。

そして今の20-30代はまた違う。
理解のある男性が増えてきたことが大きい。
家事労働が減り、核家族化のため姑にも煩わされず、
好きなように時間のやり繰りができるようになった。
男性におもねる必要もなく、
人生を楽しみつつ、肩の力を抜いて
仕事ができるようになった。
なんと良い時代になったことか。

仕事での余計な偏見がもっと少なくなれば最高だが、
そういう時代はくるのか。
[PR]
by decoppati | 2004-11-26 00:24 | 女性にもいろいろ
<< 解剖実習 「三つ子の魂百まで」 >>