「ほっ」と。キャンペーン

当直室で寝ると痒くなる。

病院には当直室というのが用意されており、
当直の医師はそこで寝たり、
場合によって待機することになる。

病棟の奥だったりすると
夜中患者のうめき声が響いてきたり、
霊安室の隣だったりすると、
線香の匂いとともにすすり泣きが聞こえてきたり、
建物の一番上にあって見晴らしがいいが、
よくみると見渡すばかり一面お墓だったりする。

大体、当直室は病院の中でも奥まったところ、
ただでさえ湿気がこもるようなところに設置されていることが多い。
日中には締め切った部屋の中であるからして、
なんともカビくさいような湿気があるようなところが少なくない。
大体どこでも、エロ本やゴルフ雑誌、
要るんだか、要らないんだかわからないダンボールなどが散乱しており、
それの上に埃が溜まってたりもする。
寝具はというと、どこでも
いつクリーニングしたのかわからないマットレス、枕、
掛け布団をずーっと使用している。
リネンだけは取り替えているものの、
それも病院によって毎日ではないところもある。

かくして、当直室で寝ると体中が痒くなることも少なくない。
痒くなったり発疹がでるのが嫌で、
当直室には必要最小限しかいないことにしたりもする。
結果、睡眠がなおさらとれなくなる。
そういうとき同じ科の仲間に聞いても、
まず同じように困ってる人がいない。

それでもある日勝手に
マットレス、枕、掛け布団をクリーニングに出してもらい、
(外勤先でもそういうふうにお願いする。
 リネンが交換してなければ絶対寝る前に交換する。)
大事なんだかどうかわからないエロ本も雑誌も
ずっと放置してあれば一気に廃棄し、
ダンボールの中身もちらっと精査して大体捨てちゃう。
バルサンを自腹で買って、適当なときに焚いておく。

その後は見違えて快適になるもので、
そうなってみると現金なことに下級生が、
「最近、体に発疹がでなくなったー。」とかいって喜んでたりする。

男性陣は自分でそこまでするほど困らないらしいが、
私はやっぱり耐えられない。
別に潔癖症ではないし、ずぼらな部類な私でさえも。
気が付いたものほど、仕事が増えるのが道理である。

ちなみにリネンが新しくても、
怪しい寝具に止むを得ず寝る羽目に陥ったら、
どこか病棟から洗ってあるバスタオル、タオルケットをぎってきて、
枕をぐるぐる巻きにし、体をタオルケットで蓑虫にするのがお勧め。
[PR]
by decoppati | 2005-08-26 17:53 | 女性のハンディ
<< 車 夏休み >>