大学入試

女性は医学部を卒業しても
フルタイムで働いて、
大学に症例や業績を還元することが
少ないと思われていて、
昔の私立大学の一部では選考に制限があった。
国公立では男女比が1:0.8ぐらいになってるときに
1:0.2切ってたし、
男子では補欠合格だったといってる人が多かったのに、
女子で補欠は皆無だったから明らかだった。

その後、医師過剰時代について叫ばれるようになって
むしろ、フルタイムで働かない可能性がある女性を
増やすことでメリットがでてきた。
また女性の国家試験の合格率が非常にいいというのも
大学運営には大きなメリットだと考え直されるようになった。
今はある程度、普通に選考しているようだ。

医師免許とってフルタイムで働かない男性はあまり聞かない。
面白いことに昔からいわれていることは本当で、
現に私の同級生のうち1/3の女性はフルタイムでは働いていない。
医師過剰時代に向けてやはりいい具合にフェイドアウトする群なのである。
[PR]
by decoppati | 2004-11-26 12:48 | 女性のハンディ
<< 医局勧誘 解剖実習 >>