医局勧誘

医学部の高学年になると病棟実習で各科を廻るのだが、
その際、ほのかに、あるいは強引に
医局への勧誘合戦が行われる。

だいたいどこでも勧誘は男女ともに行われる。

脳神経外科を廻ったとき、
指導医が私たち学生に、
「おいしい物食べに連れてってやろう。脳外科のこと教えてあげるよ。」
といった。
どこでも入る入らないは別にして勧誘であっても
金のない学生にとって先輩の御馳走は嬉しい物である。

しかし。
いつものように
男子の同級生たちと一緒に行こうとしていた私に、
彼は冷たく、「今まで女は入局させてないから、来る必要ないよ。」
のたまわった。

初めて脳神経外科の特殊な男性優位社会を思い知った瞬間だった。
[PR]
by decoppati | 2004-11-26 12:55 | 脳外科の仕事
<< 女性が「血をみるとくらくらする」? 大学入試 >>