女性が「血をみるとくらくらする」?

bz_raigaさんからコメントいただいたので思い出しました。
あるドキュメンタリーで本当に血を見ると気絶もしくは
クラクラするという女性がそれでも立派な医師になりたいから、と懸命にそのコンプレックスと向き合っていく、というのをテレビで観たことがありましたが、


そうなんです。いましたよ、そういう女性たち。

「血をみるとくらくらする」って
よく学生のときに男子にアピールする女性いましたが、
女性では通常ありえませんって!

だって小学生か中学生の頃から毎月血をみてきたんじゃありませんか。
それも相当の量の。
慣れているはずです。

むしろ、男性のほうにこそ、本物の血液恐怖症がいます。
普通の生活してたら、擦り傷程度の血しか見たことありませんからね。
仕方がないことです。

いつも思うのですが、こういうタイプの女性たちって
男性のいる場ではアピールしますが、
これが全く女性だけだったら、まず、しないのではないのでしょうか。
ちなみに、女子医大などでは教えるほうに男性が多いので
やっぱりアピールするそうです。

あーあ。
[PR]
by decoppati | 2004-11-26 18:16 | 女性にもいろいろ
<< なぜ脳神経外科に惹きつけられたのか 医局勧誘 >>