「ほっ」と。キャンペーン

収入の格差が気になる?

一概には言えないが、
一般的に医師はもちろん、看護師も
若い女性の中では高給取りということになるようだ。
その傾向は特に田舎に行くと顕著らしい。
地方の病院などに赴任しているときによく聞いたのが、
女性看護師の恋愛に関する愚痴で、特にお金に関することである。
知り合う男性の収入が低いのを気にしている人が多かった。

車がしょぼい、食事に行くところがしょぼい、
デートにいったりホテルに行っても良くて割り勘だ、
挙句、金をせびられた、大金を貸している、など。
片や、職場での男性医師の派手な生活を垣間見て
比べる気持ちもあったようだった。

世の中だらしない人もいるから、
もともとお金引き出そうと近づいてくる人もいただろう。

ただ、人間性はお金では量れないわけで、
相手のいろいろなところが本当に気に入っているなら
収入の格差はクリアできるように思う。
文化価値が違うもの、料理、旅行、買い物などは
一緒に楽しめる他の人といけばストレスもない。
お互いにそれに対する寛容があれば大丈夫。

その場合、相手に求めるべき素養は、
① お金にだらしなくないこと。
② 不正直でないこと。
③ 大事なことで隠し事がないこと。
④ プライドがある人。
④ なによりも自分を尊重してくれること。寛容さ。
⑤ 二人で楽しく過ごそうという意思があること。
などだろうか。

あとでお金のことでいやな思いをしないように
自分が律することは
① お金の管理をきちんとする。
② 男を立てるつもりなら
   割り勘だとしたら10円でも100円でも多く払ってもらい感謝する。
③ 金の貸し借りは絶対にしない。
④ 話し合ってなにがどのぐらい一緒にできるかを
   はっきりしておく。
⑤ 自分が妥協するのが嫌なことがあるように、
   向こうにも嫌なことがあるのを理解する。

確かに収入も大事だが、
もっと大切なことを見失わないように
前向きに楽しく過ごせればそれに越したことない。
自分が元気で働いていれば食うに困ることはないのだから。
[PR]
by decoppati | 2006-04-23 12:19 | 女性のハンディ
<< 花の色はうつりにけりないたづらに…… インターネット前夜 >>