同級生≠医局の同期

職業訓練校である医学部を卒業すると
大学の同級生はほとんどすべて医師としての同期となる。
みんな散り散りに研修したい場所へと散っていくので
仕事をし始めてからは
間近に大学の同級生がそうそういるわけではない。
卒業した大学病院に残った場合とて、
仲がよかった友人たちに限って外に武者修行にでてしまい、
同級で残っているのは
6年もの学生生活を通して興味が湧かず、
話をしたくなかったような連中だけだったりもする。
そしてよりによってそういう連中と医局の同期として
長きにわたって付き合っていかなければならなくもなる。

性格に難があり大学のときには同級の中で孤立していたような人。
医局に入って、過剰に先輩に擦り寄ることで居場所を確保できたりする。
外科系ではパシリができれば性格がどうであれ上等兵である。
またこういうタイプに限って、
先輩が聞きたいだろうことを話を作ってでも吹き込むもので、
こういう同期がいると最初から足の引っ張り合いが横行し
ひどい有様となる。
よもやこんな目にあったら、
あらぬ疑いをかけられても
生真面目に真実を訴え過ぎず、人を非難しすぎず、
クールに過ごし、仕事に専念しているのが良いように思う。

研修医のときなど、
忙しいと他の科の人間と顔をあわせる機会がほとんどないので
本当に狭い世界の中の小さな尺度でしかものを考えられなくなる。
第三者的に考えたらたいしたことでもないのに
忙しくて消耗しているのもあって
ふとしたときに変なことを深く思い悩んだりする。
そういうときにICUや廊下で他科にいった友人たちと遭遇して
明るい声で話しかけられたり馬鹿話をすると
ぱっと我に帰ることができる。
自分には沢山、親身になってくれる面白い友人がいたんだよな、
医局だけが人生じゃなかったんだよなあ、と。
今ならネットもあるし、遠くの友人でも簡単にコンタクトがとれるから
そこまでの寂寥感はそもそもないかもな。

医局の同期というのは1年程度の研修期間中は一緒に育てられるが、
二年目以降はばらばらの場所で研修に入るので
実はその後、同じ場所で働くことはまず皆無である。
(あくまでうちの医局の場合)
だから関係なく暮らしても別に支障はない。
仲のいい同期同士というのはきつい研修の間、慰めあったり
違う病院にいながらも連絡を取り合い、
情報を交換して楽しそうにやっている。
脳神経外科の場合、研修の最後に専門医試験を通るので、
その受験勉強は通常なら同期同士で結束してやるようだ。
それにしても、独力で勉強しても通るので大丈夫。

なんの仕事でもそうだろうが、
学生じゃあるまいし、仕事の仲間でつるんでる必要なんてない。
ひとたび仕事を離れたら、
あとはほんのわずかな自由時間がよりよいものになるように
気楽で思いやり深い友人と屈託なく楽しく過ごましょ。
[PR]
by decoppati | 2006-05-29 23:44 | 脳外科の仕事
<< 病院の中でのファッション 病院の中の温度管理 >>