病院の中でのファッション

近頃は女医さんも爆発的に増えており、
何の科にも女性はいる。
したがってひとつの病院の中でもいろいろなタイプの女医がいる。
その仕事中のファッションもさまざま。

髪の毛ひとつとっても、ヒッツメにしてぎゅっと縛ってしまうひと、
短めにしてさっぱりしているひと、
長い髪の毛をそのままさげてるひと、
さらにそれを立て巻きロールしてる
マンガの中のお嬢様みたいなひともいる。
なかなか不衛生であるうえ、
なにかするのにいちいち髪の毛が邪魔だろうにと、
かなり不思議な光景でもある。
かくいうわたしはしばしばドレッドにしてた。
違う意味でまとまってるのはいうまでもないが、
見た目には汚いと見えたかもしれん。
蛇足ながら患者や上司からの苦情はなく、
かえって特に患者のおばちゃん連中に好評だった。

白衣の着方。
長い白衣を私服の上に来ている人は最近は少数派かも。
男性と違って汚れるのがいやだからか前を開けてる人はまずいない。
この場合、私服は汚れてもいいカジュアルなものとなる。
最近多いのは、病院に来てから病院用の服に着替えるパターンで、
各々各自の好みで用意している様子。
白の短い上衣(よくケーシーと呼ぶやつ)、
下は綿の黒や白のパンツなど。
医療用のワンピースを好んで着る人もいる。
これならリキのはいった格好で通勤することもできるし、
汚れることもないわけである。
最近は看護師がキャップかぶらないし
他のコメディカルもパンツルックが多いから職種の見分けはつきにくい。
患者さんからみれば女の医療関係者は全部「看護婦さん」ともなる。

化粧やアクセサリーに至っては千差万別である。
ばっちりメイクで大きなアクセサリーつけてる人、意外とみかける。
女性の多い科に多い印象あり。
とっさに呼ばれる頻度の多い科の人たちはすっぴんに近いことが多いが、
ちゃんといつなんどきも力入れてメイクしてる人だっていなくもない。

ピアスやリングは手術のある科では失くす可能性が高いので
工夫が必要である。
(とっさにネックレスにリング通しておくと失くさない、
 ってそのためにネックレスもしてないと。
 着替が頻繁に要求され後ろを振り帰ってる暇もない場合、
 仕事のときはピアスのキャッチはとばないようなきついやつをするか、
 一体型になってて留め金で留める円形のタイプにしとく。)

靴もいろいろ。
普通おしゃれしてきた靴は院内では履き替えてしまう。
看護師と全く同じかっこ悪いサンダルをはいている人も多い。
最近は感染からの防御もあり、前が隠れているものに移行してきており、
通気のいいふつうのズックみたいのが推奨されている。
昔ほどミュールやハイヒールでカツカツいって歩く人、みかけなくなった。
個人的にはサボがいいんじゃないかと思うが
いまひとつこれといういいのがみつからない。

ま、男性と違って女性の場合、
この日本社会では
どんなときにも綺麗でいることを強要される土壌があると思う。
これにきちんと適応するひと、逸脱するひと、いて当然。
科によってはおちおちトイレにさえゆっくりいられないわけで、
多少のことは大目にみてほしい。
それだとしてもしばしばみかける
男性医師のようにホームレス臭がする女は見たことないから、
「こぎれい」にはしてること間違いない。
[PR]
by decoppati | 2006-06-21 18:00 | 女性にもいろいろ
<< どこからが問題? 同級生≠医局の同期 >>