女性の入局

最近では、脳神経外科にも段々女性が増えてきて、
今ではどこの大学でも女性を採用しているように思う。

私の入局する頃は、
まだ女性を入れていない大学が多かった。
私のところもそうだった。

すでに他の大学では10年ほど上の女性が数人活躍していた。
世代が違うのでなんともいえないが、
ちょっと我々の世代とは違った感じで、
今でも違和感がある。
学会ではおっさんたちのなかで、
帽子までかぶって着飾ってひらひらしていて驚いた。
おっさんに囲まれてアイドルみたいになってた。
普通にスーツ着て、落ち着いて居ちゃいけないのか。
ただでさえ、女性だというだけで目立つのに。

私のところでは、
医局の上層部が
どうやら他大学にいたそのアイドル女医さんに憧れたり、
アメリカ人教授の「女医さんはいますか?」
という問いに答えるべく、
なぜか唐突に私の代から女性の採用の門戸が開いた。

どういう経過でも、
とりあえず入局できることに決まったのだった。
[PR]
by decoppati | 2004-11-27 01:33 | 脳外科の仕事
<< 女性の女性不信.1 「食堂に弁当を持っていくような... >>