看護婦さん.2

医師でも、いつも看護婦さんに依頼してやってもらうことは
大体自分でもできるようにしておくか、
どうやってやるのかを把握しておくほうがいいなあ、と考えて
レジデントの頃に心がけたことがある。

看護婦にも序列があり、病院にもよるが、
大抵は主任、婦長、あるいはベテランの看護婦が
手技的に優れていることが多い。
責任者に近い看護婦さんを手の空いているときに
つかまえて、なんでも質問して、やらせてもらって
すべて教えてもらった。
若いレジデントに教えを乞われて、いやがる上位の看護婦は居ない。
そうすると、なにか看護婦の手技がうまくできていないときに、
肩代わりしたり、的確な注意を与えられるようになる。
一言でいうと、「看護婦になめられなくなる」ってことだ。

年齢が若いだけに普通にしていても同年代の看護婦とは
すぐに意気投合しやすい。
しかし彼女たちと必要以上に馴れ合うことは危険である。
特にレジデントの頃は。
上司を批判している若い彼女たちのほうがひどかったり、
手抜きをしていたりするから、あまり同情しないほうがよい。

今は男性看護士も増えてきてはいるが、
それでも看護婦の世界は極端な「女の園」である。
彼女たち同士のなかでは、いろいろ陰険な策略があったり
悪口をいったり、いじめがあったりするわけで、
つかず離れず、いつも第三者的にフェアな視点に立っているのが
よいように思う。
[PR]
by decoppati | 2004-12-17 17:02 | 脳外科の仕事
<< 不穏な患者の対処 生ものをいただいたとき。当直室... >>