2005年 01月 05日 ( 1 )

男女関係

最近は観ていないのだが、アメリカのTVドラマ「ER」では
救急外来という小さな母集団の中で目まぐるしく
カップルの取り合わせが代わってまるで
swingersという感じであった。
しかし、これこそがまた現実の一部であることも
あながち否定できない事実である。
ドラマをみていてあまりおかしいと思っていなかったのだが、
一緒に観ていた違う分野の友人が「ありえない!」と言ったので
それに驚いた。

同じ看護婦さんが医者と何人か立て続けにつきあうことや、
医者が多くの看護婦や事務員、助手さんなどと同時進行的に
関係を持つことがどこの病院にいっても外科系ではよくある。
その結果、ちょっと前にカップルだった人たちが
お互い違う相手とつきあうこともままあることで、
情報が遅れているとついていけない。
束縛の多い職場なので職場恋愛は多い。職場結婚も多い。

ただ、ちょっとどうしていいかわからなくなるようなことも
往々にして起こる。
当人同士が幸せなのだから別に揶揄することもないのだが、
若い医者が同じ医局の何人もの医者とつきあっていた看護婦さんと
結婚する場合がそれである。
彼はもしかして全く知らないのかもしれないし、
知ってのことかもしれない。
別に知る必要もないだろうから、教えるつもりもない。
しかし、彼の入局する前から何人もの先輩が新婦のことを
よーく知っており、また周囲もいろいろ聞いて知っているのは、
端から見てなんとなく気持ち悪いような気がする。
結婚しないまでも、
俗にいう「義兄弟」が長男から6人も数えられるような
ツワモノ看護婦さんと若い医者がつきあい始めたと聞くと
蔭で男性陣からいろいろ前のことの話が
詳細にわたって飛び出して気の毒になる。

そういう意味でも仮想家族状態であるかもしれない。
ただ、医者と極端に付き合いのいい看護婦さんは、
「人がいい」だけであって
ふしだらとはちょっと違うことは名誉のために付け加えておく。
[PR]
by decoppati | 2005-01-05 01:09 | 女性にもいろいろ