2005年 06月 03日 ( 1 )

浮気への糸口

女の子と仲良くなる努力を常に惜しまない人たちの生態。

彼らの口癖は 「家庭に仕事とセックスは持ち込まない」。
何故か異口同音にそういう。
ちなみに子供のことはとてもかわいがっており、
日頃の罪滅ぼしの意識が強いのか、自分の子供にすごく甘いので
一様にお子様たちの行儀は悪い。

大体、仕事で眠れない毎日を送っていると、
ちょっと暇ができると寸暇を惜しんで遊びたくなるのが常である。
というわけで、特にレジデントや若い医者の学生ノリに便乗して、
彼らに命じて若いOLや大学生などと合コンをセットさせる。

年齢なんてひどいと10歳ぐらいサバ読んで、
もちろん「独身」ということになっている。
はっきりいって、結婚しててもうちの医局の人々は
うちに帰れない&帰らないため所帯くささがない。
子供が居ても2シーターのスポーツカーに乗ってたりする。
(コンバーティブルにするとさらに女の子受けがよいとか)
若い女の子がだまされちゃうのもしょうがない。

以前、
つきあってた彼女に嘘がばれて泣いて医局で電話してた先輩がいた。
 (そう、ちょっと露出狂的なのも共通の特徴。
  戦績は皆に吹聴するし、人前で電話するし、
  場合によってみたくもないハメ撮りまでみせびらかす)
彼いわく、
「あんまりにも嘘をつきすぎて、どの嘘がばれたのかわからない」
バツ一で再婚、子持ちの30代、田舎育ちで運動音痴が、
東京出身の社長子息で独身20代、スポーツ万能だと。

はたまた身内(職場)での飲み会はセットし放題だし、
ちょっと若いものを走らせれば何人か身柄を確保できるから
タダで食わせて飲ませてカラオケで遊ばせて、
あとは個人の技量によって、獲物をゲットするのである。
意外なおっさんがカラオケでのパフォーマンスが素晴らしいために
看護婦たちから異様な人気を獲得していたりする。

あとは看護婦さんとその友達との合コンも多い。
遣り手ババアを彷彿とする、チーママみたいな看護婦さんは
どの病院でも存在する。

これら素人とは別に、キャバクラ、外人パブなどのおねえちゃん、
ホステスなどに大枚払ってお付き合い願う人もいる。

かくして、どんなに忙しくても寝ていなくても
浮気の虫が騒いでくると、相手は苦もなくゲットできるようである。
[PR]
by decoppati | 2005-06-03 23:35 | 男性医師の生態