2006年 04月 29日 ( 1 )

花の色はうつりにけりないたづらに……

「わが身」ももちろんだが、
人間誰しも容姿は嫌が応でも変遷し衰える。
男性でも女性でも老化による衰えは同じはずだが
女性は特にそれを敏感に気にするものである。
はげてでぶになって10年前とは大違いになった男性でも
目の下にちょっとぐらいクマができた女性が鬱々とするのに対して
概ねおおらかな気持ちで生きているようにみえる。

男性優位の医療現場では
若い女性でありさえすればまず美醜を問わずちやほやされる。
当然女医へもその傾向はあるものの
男性医師の看護師に対する評価ほど露骨ではない。

若い看護師がかわいかったり美しかったりすればもちろん、
まあたとえ面相がいけてなくても、
新人に近いほどとにかく構われる。
ゴルフ、テニス、スキー、フットサルなど
医師の主催するスポーツへの参加を要請されたり、
野球の応援に駆り出されたり、
いちいち近況を聞かれたり、メールのやりとりをしたり。

しかし、花の命は短くて・・・・
こういうちやほやは長くは続かず数年で、
医師の関心はさらに若い看護師に移っていくのであった。
ついこないだまで蝶よ花よといわれておだてられていたのに、
お誘いがかかなくなり、話に乗ってもらえなくなり、
挙句、「おばさん」呼ばわりされるようになったりする。
(もちろん、よっぱどの美人や気立てのいいタイプの看護師で
 年取ってもちやほやされてる例外だっているが。)

新人達はちやほやされ、
上の看護師はそういう意味では相手にされなくなる。
こういった構図はずーっと昔から脈々と続いていて、
どこぞの婦長などが昔はかなり医者と遊び狂ってたという話もよく聞く。
ちやほやされたものははしゃぎ、
それを苦虫を噛み潰した思いでみている人もいる。

これがまた、看護師内の年功序列を乱すことも多い。
先輩看護師が注意しているそばで、
医師が通るといきなり泣いて見せる子もいるし、
通りがかりの医師がその先輩看護師をとりなして
「かわいそうに〇〇ちゃん」とかいって慰めたりしてしょうもない。
しかし、因果は巡る。
その泣いて見せてた新人が、
ほんの数年で注意する先輩看護師となって
同じ場面で同じことをされるところを目の当たりにすると、
なんともいえない寂寥を覚える。
[PR]
by decoppati | 2006-04-29 17:50 | 女性のハンディ