<   2004年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

謝礼のいきつくところ

私立の大学病院などではどんなに固辞しても
患者さんから「謝礼」をいただくことがある。
大学病院ではそれが大それた額であることもある。

うちの医局は、共産主義的に扱うのでちょっと気が楽である。
どんなにそれが個人宛であろうが、
それをグループ毎に医局で預かるシステムである。
自己申告制だが、大抵ネコババすることはないと思う。
毎日のグループみんなの昼飯代や、グループでちょっと買いたい本や、
消耗品、その他、みんなでとる夕食代などに使うわけだ。
時に直接患者さんからお礼をもらうことのないスタッフ
(看護婦やコメディカル)の慰労の食事会などにも使う。
主には純粋に仕事に関することに使われる。
グループの中でも、お礼をいただくのが多い人、
少ない人が存在するが、すべて均一に恩恵を受けるわけである。

病院で過ごす時間が多いので、
そのお金が多ければそれはそれで欲しい教科書も手に入るし、
消耗品も買ってもらえるし、おいしい物も食べに行かれるしで、
いいこと尽くめである。

しかし、問題は各々のグループ長だ。
グループ長といわれるのは講師連中だが、
この人の考えひとつでこの金の使い道が微妙にゆがんでいく。

最低なのは、グループ内外で人を集めて、
風俗店や外人のおねえさんが付くバーなどに繰り出す場合。

患者さんが私宛名前でくださった大金が
なぜか私抜きでの馬鹿らしい遊びに消えていく。
せめて連れてってくれれば、文句はないが、
ケツの穴の小さな連中のこととて、
絶対に女の私を連れて行くことはしない。
行って、水商売の女を観たり、
痴れた遊びをする男性陣を観察してみるのも面白そうなのに。

そうして、残金が乏しくなって私にいいことなど何もなくなる。
馬鹿らしい。
こういうときは、いっそネコババすればよかったとさえ、
思うものだ。
基本的に、「謝礼」なんかなくていいのだけれど。
[PR]
by decoppati | 2004-12-13 22:35 | 脳外科の仕事

メンス

看護婦さんたちが親しくなると必ず聞いてくるのが、
メンスについて。
そして、男の人が多分あまり知らないし、
思いもしないのが、またこのメンスなのだ。

大学病院での脳神経外科の手術は、
昔は10時間をゆうに超えることが多かったし、
レジデント1年目にも16時間レベルを3回以上経験した。
わたしは幸いにして生理痛を知らず、
また月経周期が非常に規則的なので助かっている。

しかし。
絶対に、絶対に、周りにメンスであることは知らせたくないし、
ましてや、何か不都合があっても、メンスのせいだとは
絶対に言いたくない。

悔しい思いをすることは多い。
手術のぎりぎり前にトイレにすっ飛んで言って
スーパータンポンに薄手のナプキンを装着。
終わったらまた、トイレにすっ飛んで行きたいわけだ。
手術着は大抵、薄いので。
たとえ6時間の手術だとしても。
まだ、専門医前の頃は陰険な上司に、
「手術終わってすぐに場を離れるとは何事だ」と怒鳴られたこともある。
しかしなにも言い訳などせずただ「申し訳ありません」と謝っておいた。
内心、
「馬鹿だな。メンスがあることさえ思い至らないなんて。
男は楽なくせに。」とつぶやいていた。

10時間以上の手術についたとき、メンスだったら、
レジデントの頃でも、術前にお腹壊したとか匂わしておいて、
「トイレに行ってきていいですかー」とだけ行って外にでる。
またはなにか病棟の仕事にかこつけてトイレに行く。
そしてまた手洗いをして、手術に戻る。

一般病院の脳神経外科では大体の手術が
4-5時間までの手術なので、なにも困ることはない。
また、自分が指導医になってからは、
自分のペースで事を運ぶことができるので
どうにでもなる。
よもや長い手術でも、助手も含めて
トイレ休憩をいれればいいのだ。

これまでずーっとそうやってやってきて、
幸いなことに同僚にメンスについて聞かれたことがない。
口が悪い上司は
「いつ生理になってるのかわからない。ほんとはないんじゃないか」
とまで言っていた。

そうやって、心の中で、
男の人が寝れない、食べれない、トイレに行かれない程度のことだけで
大騒ぎしているのを呆れて笑っている。

女だと、それに加えて、差別やメンスもあるんだから。
それでもへっちゃらで、元気に見せていくスタミナがあるぞー。
[PR]
by decoppati | 2004-12-13 22:13 | 女性のハンディ

学生のときできないと思いつめていた事柄

学生のときには、きっとできないと思いつめても、
意外と医者になってみると平気になることがある。

朝起きること。
これは学生のとき、大の苦手であった。
しかし、仕事を始めてからは、
必要に迫られて自ずとできるようになった。
今でも早起きは苦手だが、
それでも学生のときのように寝坊していいわけがなく、
いやいやでもとりあえず起きて病院に行くことはできる。
当直明けでも朝から働くことなんか、
訓練でできるようになるものである。

何日も病院に泊まること。寝ないこと。
学生実習で、救急病院に1週間泊まって実習したとき
睡眠がとれないことがとても苦痛だった。
これがずっと続くなんてどうやってできるのかな、
と思っていた覚えがある。
これもやってみると、文句いえる立場でさえなく、
いきなり日常になってしまうので平気になる。
むしろ、仕事で寝ないのに慣れてしまうため
家に帰れるときには、妙に貪欲になって、
あれもこれもしたいことの限りを尽くすようになる。
楽しいことで寝不足なのは、全く苦にならない。
そうしなければ、
人生なにが楽しいのかわからないので仕方がない。
あと、外国に行っても全く時差ボケしなくなった。

食事が満足にできないこと
これにもある程度、慣れることができる。
しかし、はっきりいって、血糖が落ちてくると、
集中力がなくなり、気力もなくなり、いらいらしてくる。
そういうこともあろうかと、
ラクダのように食べられるとき食べるようになる。
ま、そう思って、なにもなかったりすると太るだけだが。
また、集中治療室の片隅にキャンディやキャラメル、チョコなどを
忍ばせて置いて、空腹の時に食べると効果絶大である。
へろへろになっていれば、
看護婦さんが食べ物を何かしら与えてもくれる。
悪びれずに御馳走になればよい。
[PR]
by decoppati | 2004-12-08 00:46 | 脳外科の仕事

女性の女性不信.2

我ながら、女性に偏見持ってるなあ、と思ったことを2つ。

自分が脳神経外科に入ろうと思ったとき、
もし、患者だったらどう思うか考えた。
もし、命に関わる病状や、重い後遺症が残る重症の
患者の家族だったら。
病院に泡食ってかけつけて、説明にでてきた担当医が
若い女医だったらどう思うか。
そのとき、正直言って、自分だったら
「他に先生はいるんですか」「先生だけで手術するんですか」
とか聞いちゃいそうだなあ、と思った。
それが多分これから自分が受けるであろう、
仕打ちだとなかば諦めていた。

しかし現実には、世の中のひとが
それほどの偏見を持っていないことがわかった。
これまで10年以上この世界でやってきて、
(もう「若い女性」ではなくなってしまったが)
幸せなことに、そういうことを全く聞かれたことがない。
治療について説明した後、あたりまえのように
「先生、どうぞお願いします」といわれてきたことに感謝する。
自分のほうがよっぽど女性に不信感があるのかもしれない。

もう一つ。
病状を説明するときに、脳外科の特徴として、
患者自体の意識がよくないことが多いので、
患者の家族を相手に説明することがとても多い。
特に急を要する、生命や機能予後に関する
重要な話をしなければいけないとき、
女の人1人だけしか来なかったりすることがある。
そういうとき、つい尋ねてしまうことが、
「どなたが男の方は来ますか?」である。

経験上、往々にして女性はパニックに陥りやすく、
また、論理的な話を感情的にしか理解してくれない傾向があり、
どんなに説明してもなかなか実像を受け入れてくれないからである。
インテリジェンスに関係なく、男性の方がこういう話を
現実的にとらえるのが早い傾向があると感じる。
しかし、こういうことを聞く私自体、
自分の持つ女性への偏見をやっぱり持っているわけで、
ときに自分自身にうんざりしてしまうのである。
[PR]
by decoppati | 2004-12-08 00:23 | 女性のハンディ

異動の引越

今は研修医システム自体が大幅に変更されたため、
最初の2年の過ごし方が全く変わってしまったが、
以前私の属する大学の医局では
専門医試験前の約6年間の間、
大体6ヶ月周期でブランチの病院を廻されていった。

ブランチというのは、大学の医局が
ある程度の規模の病院の脳神経外科を押さえていて、
そこに大学から人員をユニットで派遣する、
「支店」のようなものだ。
そんなわけで、専門医前に大体10病院近く勤務することになる。
各々の病院はいい具合で離れており、
異動先によっては引越を繰り返すことになる。

そしてその異動というのがまた傑作で、
たとえば6月1日から新しい病院に勤務する場合、
5月31日の夜までは前の病院に勤務して、
それが終わってから、遠くにある
次の病院の明日の勤務に向けて動くことになる。
脳外科の仕事は緊急が多く、
最後の最後まで手術に入ったりして
異動のために1日の休みをもらえることなど、なかった。

ときに異動前に緊急手術や当直がたてこんで
3日家に帰れなくなったりするので、
荷物の整理さえ、最終日の夜までできないこともある。

そこで、どうしたかというと、
①たかが6ヶ月の生活なのでまずは荷物自体を少なくする。
②異動が決まったら(これがまた2週間前のこともある)
 そこから休暇となる数少ない日にちびちび荷物の整理をして
 最終日前に異動先に連絡しておいて宅急便で送ってしまう。
③最後は車一台に積み込める分だけ残せばゆうゆう持っていける。
 意外と普通乗用車でも荷物は入る。
 後部座席も助手席も荷物でいっぱいになるが
 TVもビデオもコンピュータだって大丈夫。
④どうせ仕事で寝ないのには慣れているので、
 運転する体力を残せばどうにかなる。

いやはや、まあ、よくやったものだ。

今では研修中の人たちの「人権」が尊重されるようなった。
彼らには、最後半日以上、できれば1日、
異動のための休暇を与えるように心がけている。
異動の苦労を下級生に味あわせる必要はない。
残る人間が1日ぐらい、居ない人の分をカバーすることはわけないことだ。
[PR]
by decoppati | 2004-12-05 01:24 | 脳外科の仕事

看護婦さんと間違えられても気にしない

田舎の病院などでは、面白いことに、
女性医師が見た目でまず、医者だと思われることが少ない。
大体、病棟にいると「看護婦さーん」と声をかけられる。

言った人がばつが悪い思いをしないように、
なにも言わずに、用事を聞いてみる。
簡単にできることなら、ちゃっ、とやる。
おしっこだ、うんちだ、食事介助、清拭などなら、
「もっと介助うまい人を呼んできますねー」
といって、看護婦に伝えるようにしている。

後で医者だと気づくと、こちらが恐縮するほど謝られることも多い。
患者さんや家族にそう見えないのだからしょうがない。
時間があれば間違えられたときぐらい、
看護婦さんの仕事の肩代わりをするのも面白い。
医師免があるかぎり、人にどんなふうにみえようが、
医者であることには変わりがないのだから、
憤慨する必要など全くないと思う。
[PR]
by decoppati | 2004-12-04 00:54 | 脳外科の仕事

放射線技師に緊急検査を頼むとき

レジデントは患者の急変時に
どのぐらい役に立つかで違いがでてくる。
うまくいくと、かなりあてにされるようになる。
日中や時間外で予約や外来を押しのけて
検査を入れるのは、技師などにもよるが
ときに非常に苦労するものである。
昔からやってるコツのようなものがある。
異動しても異動してもいつも円滑に事が捗るから
こういうやり方はどこでも効くのだと思う。

緊急でCT,MRI, ANGIOを入れるとき、
① どんなに忙しくてもだるくても、
   放射線科の技師に直接頼みに行くようにする。
② 嘘でもいいから、技師がわかるように平易な言葉で
  「どうしてこの検査が今この患者に必要なのか」を
  簡潔にプレゼンテーションし、
  緊急でやりたい感を強くアピールする。
③ そして、検査をしてくれることに決まったら、
  どんなに他の仕事がたまっていて忙しくても、
  一瞬でもいいから検査室に顔をだして検査の様子をみにいく。
  どちらにせよ、コールがじゃんじゃん鳴るので、
  そしたら 「呼ばれちゃったので行きます。
  ありがとうございました。」といって去る。
  幸い、結果がでたところに居合わせたら、
  技師に結果についてコメントして、
  その検査が患者の容態把握に
  どんなに役に立ったかを付け加えておく。
④ こういうことを繰り返すうちに、顔を出しただけで、
  或いは電話で声を聞いただけで
  気持ちよく、なんでもすぐにいれてくれるようになる。

所詮は人間同士、結構頑固にみえる技師さんたちも
医療関係者であるわけだから、
患者のためには一肌もふた肌も脱いでくれるものだ。
コメディカルとうまく仕事をすることができると、
きつい仕事もだいぶ軽減する。
[PR]
by decoppati | 2004-12-03 21:03 | 脳外科の仕事

学会の開催場所

別に医者に限ったことではないとは思う。
男性ばかりの職場っていうのは、
どこもこういうものなのかも知れない。

専門医のクレジットを貯める必要もあり、
発表の予定がなくても学会にはできるだけ参加し勉強するわけだが、

学会の開催場所が富山、盛岡、島根など
ひなびたところで、
特に風俗店街がないところだと
みなさまそろって、行きたがらない。

逆に人気は札幌、福岡、名古屋と言ったところか。
人間、本能にそこまで正直になれるかと呆れてしまう。
[PR]
by decoppati | 2004-12-02 18:51 | 男性医師の生態

「女医会」なんて要らない

他の科にもあるのだろうか?
学会に付随して活動する「女医会」。
脳神経外科では日本脳神経外科女医会なるものがある。

全く存在意義がわからないので関わりたくなかったのだが、
私の入局の時に当時の医局長が勝手に入会届けを
だしてくれたため、定期的にお便りがくる。
集会には行かないようにしていたのだが、
教授や助教授のなかば命令で一回だけ参加したことがある。
グロテスクなほど、
女医会会長(学会のアイドル)のための個人礼讃の会であった。

学会総会と同時に会場内で催されるので
海外から招聘された教授や有名な国内の教授などの男性陣が
来賓としてスピーチし、歯の浮くような女性への賛美を話す。
ついでに会長との知己について長々と話す。
なんでそんなのに付き合わなきゃいけないのか全くわからない。

確かに医局には同性の先輩はいなかったが、
それでも手探りで自分の居場所は確保できた。
やりかたも自分なりに工夫してきたし、
困って人に相談したことなどない。

年上の女医さんが相談に乗るつもりなのだろうか?
男性に媚びるようなやり方でやってきた人たちの
真似はしたくないのであまり参考にならなそうだし。
立場は施設によってさまざまだし。

女性同士のみがことさら寄り集まるなんて不健全だ。
早く、そういうのが自然消滅して、
性別を意識せずに学会にいられるような健全な形になって欲しい。
[PR]
by decoppati | 2004-12-02 15:26 | 女性にもいろいろ