<   2005年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

細分化される専門性

大昔、まだ診療技量に大きなウエイトが置かれていて、
医者が少なかった時代には、(軍医はまた別。)
地域に起こる病気、怪我、お産などなんでもかんでも
一人の医者が対応していたと聞く。
なんでもこなし、経験が豊富だった昔の医者。

近年では診療科に分化され、
その中でさらに専門が細分化される傾向となった。
大昔と大違いで、
診療受ける側施す側との間には、
社会的にも知的にも別段差異などない。
今は、よかれと思ってなまじっか専門以外のことに手をだしても、
結果が悪いとなれば確実に訴えられる平成の世である。

欧米の施設の話を聞くと、
珍しい疾患でも取り扱う症例数が飛びぬけて多いことに気付く。
多くは施設によって専門を大きく打ち出しており、
極端に言うと、国中で起こるその疾患の患者を
ヘリコプターをはじめ、ありとあらゆる交通手段を駆使して搬送して
その施設に集中させるのである。
そのため他の施設にその疾患が分散することなく、
珍しい疾患であっても取り扱い数が飛躍的に増える。
取り扱い数が多ければ、
診察や検査、治療も自ずと洗練されたものになる。
データが多く集まるためこれを経験として、
さらに効率がいい治療を行うことができるようになる。
その代わりそこに行くには時間や手間がかかるわけだ。
また反面、得意でない他の疾患はよそに送ってしまう。
ひとつのことしかできないが、
ひとつだけはものすごくうまくこなせる医者。
すなわち「職人」である。

日本国内の大学病院や大きな施設では
その診療科の中でいろいろな専門をもつ医者を有しており
たいがいのことはなんでも診る。
珍しい疾患がきてもその分野の医師が一生懸命治療することとなる。
だから珍しい疾患は分散し、豊富に経験する機会はない。。
欧米のようなシステムがなく、
せめて県内や周辺自治体領域から集めるのが関の山である。
一つの分野に特化したいが、
患者が分散するため十分な経験を得られず、もがく医者。

これから時代は専門の細分化に向かう。
昔の医者のイメージからはますます遠く離れて、
ただ職人となることを要求される。

いまでも医者ならなんでも診てくれると信じる、
ナイーブな患者や家族もいる。
こういう人たちも気が付いてくれるだろうか、
この時代の波に。
[PR]
by decoppati | 2005-06-25 23:16 | 脳外科の仕事

浮気への糸口

女の子と仲良くなる努力を常に惜しまない人たちの生態。

彼らの口癖は 「家庭に仕事とセックスは持ち込まない」。
何故か異口同音にそういう。
ちなみに子供のことはとてもかわいがっており、
日頃の罪滅ぼしの意識が強いのか、自分の子供にすごく甘いので
一様にお子様たちの行儀は悪い。

大体、仕事で眠れない毎日を送っていると、
ちょっと暇ができると寸暇を惜しんで遊びたくなるのが常である。
というわけで、特にレジデントや若い医者の学生ノリに便乗して、
彼らに命じて若いOLや大学生などと合コンをセットさせる。

年齢なんてひどいと10歳ぐらいサバ読んで、
もちろん「独身」ということになっている。
はっきりいって、結婚しててもうちの医局の人々は
うちに帰れない&帰らないため所帯くささがない。
子供が居ても2シーターのスポーツカーに乗ってたりする。
(コンバーティブルにするとさらに女の子受けがよいとか)
若い女の子がだまされちゃうのもしょうがない。

以前、
つきあってた彼女に嘘がばれて泣いて医局で電話してた先輩がいた。
 (そう、ちょっと露出狂的なのも共通の特徴。
  戦績は皆に吹聴するし、人前で電話するし、
  場合によってみたくもないハメ撮りまでみせびらかす)
彼いわく、
「あんまりにも嘘をつきすぎて、どの嘘がばれたのかわからない」
バツ一で再婚、子持ちの30代、田舎育ちで運動音痴が、
東京出身の社長子息で独身20代、スポーツ万能だと。

はたまた身内(職場)での飲み会はセットし放題だし、
ちょっと若いものを走らせれば何人か身柄を確保できるから
タダで食わせて飲ませてカラオケで遊ばせて、
あとは個人の技量によって、獲物をゲットするのである。
意外なおっさんがカラオケでのパフォーマンスが素晴らしいために
看護婦たちから異様な人気を獲得していたりする。

あとは看護婦さんとその友達との合コンも多い。
遣り手ババアを彷彿とする、チーママみたいな看護婦さんは
どの病院でも存在する。

これら素人とは別に、キャバクラ、外人パブなどのおねえちゃん、
ホステスなどに大枚払ってお付き合い願う人もいる。

かくして、どんなに忙しくても寝ていなくても
浮気の虫が騒いでくると、相手は苦もなくゲットできるようである。
[PR]
by decoppati | 2005-06-03 23:35 | 男性医師の生態

仕事に限らずやはり女性にはいろいろな形態が。

コメントでいただいたお題について周囲で知ってる例などを。

musashi-musashiさんからの
>Dr同士の結婚っていうのはどうなんでしょうか?

ほんとに人それぞれですが、なんとなく傾向としていえるのは、
卒業後まもなく早い時期に結婚した女医さんなどは
そのまま臨床から遠ざかってしまうことが多いことでしょうか。
医局から離れないまでも、外来と検査がメインになり、
重症入院患者の担当や当直業務を避けてもらって過ごして、
子供が大きくなってもフルに復帰する気力がなくなっており
居にくくなって医局を辞める例もよく聞きます。
かといって、やり手の妻が忙しく働いてるうちに
旦那が看護婦とできちゃって離婚したというのも少なくありません。

たろちびさんの
>女性医師の方はどのような感じでしょうか?特にお子さんがいる方とかはどのようにして働かれているんですか?

実家の全面的な協力が得られたり、旦那の理解がよくて
金をケチらずにベビーシッターやお手伝いさんを
気前よく頼める人たちは比較的うまくやってるようです。
いずれにせよ、女医さんもいろいろいますから、
子供や家庭を理由に都合のよいところだけやって、
最もキツイ仕事を免除してもらうのを確信犯的にやっている人もいるし、
はたまた、よくやるなあ、と感心するほど、家庭を持ちながら
男性と同じに近い仕事をこなすスーパーおっかさんもいます。

一般には医局幹部の男性は女性医師が仕事免除を申し出ると、
二の五のいわずに「しょうがない」といっていう通りにするのですが、
その上層部の甘さに対して、
むしろ同じ医局の女性陣から猛烈なブーイングが出てます。
「やろうと思ったらできるだろう。工夫すればいいのに。」
と同性の方が辛辣ですし、手厳しいようですね。

いずれにしてもうちの医局ではまだこういう例がないので
すべて他の科の話ですが。

何の仕事でも同じ事だと思いますが、
仕事している同士が結婚する場合は、
やはりお互いに愛情と真の尊敬の念を持ちあえば、
相互理解と相互の尊重が自然と育まれ
本当のパートナーシップが生まれるのではないでしょうか。
それが各々の仕事や家庭での安定に繋がるように思います。
[PR]
by decoppati | 2005-06-02 21:43 | 女性にもいろいろ